爽快

チャレンジ登山
Scroll

宮島の弥山に登ってみよう!

「日本三景の一の真価は弥山の頂上の眺めにあり」と初代総理大臣である伊藤博文が称賛した宮島弥山。
弥山頂上からの眺めを見て初めてその真価が分かったということです。
確かに山頂からは見事な多島美が見渡せ、来て良かったと多くの人が思います。
でも、自分の足で頑張って登らないとその良さは分かりません。
チャレンジしてみませんか?弥山への山登り。
標高差は約500mありますが、登山道は観光客向けに整備された道です。(ちょっと階段が多いですが…)
そう、観光客でも登れてしまう山なのです。
あまり知られていない宮島の聖地などにも寄り道しながらの山歩きです。

深い原始林に包まれた弥山は、多くの伝説と歴史が息づく神秘的な山。
山歩きすると、そんな息づかいを肌で感じることができます。
解散後に宮島の観光地を巡る時間はあるので、十分に宮島を満喫でき、近場に住んでいる人でもプチ観光気分が味わえます。
ちなみに、下りにロープウェイを使うのはアリです。(別途料金が掛かりますが)

見どころ

久久能智の聖木

宮島で最も美しい木
山ガール

宮島で一番美しい木といわれ、龍昇のご神木と言われているモミの大木があります。
あまり知られていない宮島の聖地を訪れます。
登りは原始林に包まれた紅葉谷コースで登ります。
ちなみに、久久能智(ククノチ)とはイザナギとイザナミの間に産まれた木の神のことです。

足跡きせき

不消霊火堂

宮島の不消霊火堂
山ガール

弘法大師の開山以来 1200 年間消えたことがないと伝えられる火が今も燃え続けている霊火堂。
その火で沸かしたお湯を飲むこともできます。
広島平和公園の「平和の灯火」の火もここから採火されています。

足跡きせき

弥山山頂

宮島弥山山頂
山ガール

瀬戸内海の多島美が広がる山頂は、「日本三景の一の真価は弥山の頂上の眺めにあり」と称賛されたほどです。
360°の大展望を満喫しましょう。

足跡きせき

厳島神社の奥宮

宮島の御山神社
山ガール

弥山の山頂近く、圧倒的な存在感を持ちながらひっそりと鎮座する御山神社へ下山途中に立ち寄ります。
朱の社殿 3社が並び、嚴島神社本社と同じ市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命を祀っています。
訪れる人も少なく神秘的な空間です。
下山はほぼ階段の大聖院コースで下りるので膝が笑うかも。

概要

集合解散時間・場所

集合
宮島桟橋前広場 8:30
(平清盛像付近)
>>MAP

解散
大聖院登山口 13:00予定
>>MAP

集合時間は変更可能です。
所要時間は、すべて歩いて約4時間30分です。
なお、上りのみ歩く場合は約3時間で、下山時のロープウェー乗り場(獅子岩駅)で解散になります。

装備・持ち物

・動きやすい靴と服
・防寒着(必要な方)
・軍手等手袋と帽子(必要な方)
・汗拭きタオル
・水分
・補給食
・その他各自必要物

参加費用

1組(4名様まで):10,000円(税込)

※4名を超えると大人は4,000円/人、
小中高生は1,000円/人です。
※費用は
当日現地にて現金払いです。
 お釣りのないようにお持ちください。
※交通費、保険料等は含みません。

「リクエスト申込み」からお申込みください。
コース名「宮島弥山チャレンジハイク」

注意事項

    • 軽登山・ハイキングなどのレジャー時でも対象となる傷害保険などに年間契約で加入されている方が多いと思いますが、加入されていないのであれば、1日単位で入れるレジャー保険等への加入(スマホ・コンビニで簡単にできます)を推奨しています。
    • 実施判断(天候判断)は、前日17:00発表の気象庁天気予報で当日6:00~18:00に降水確率40%以上あれば中止となります。
      お客様都合によるキャンセル料は頂戴しませんが、キャンセルの場合は予約キャンセルフォームからお早めにご連絡ください。
    • 当日の様子をSNSやホームページで掲載する可能性があります。写真・動画への映り込みがNGの場合はあらかじめお申し付けください。

Page Top