野遊びロゴ
代表者
松岡慎二

プロフィール

1972(昭和47)年9月に広島市で生まれ、ほぼ広島市で育つ。
子どもの頃から時々山登りや自然遊びするも、その魅力にはまったく気付かず就職し結婚。
20代後半のある日、たった312mしかない近所の山に登り、半端ない達成感と爽快感を味わい山登りにハマる。
その後、立山で見た景色に「山派の人間はこんな世界を見ていたのか」と感激し、さらにのめり込む。
それから年に1~2回、日本アルプスの山々へテントを背負って山旅へ出掛け、また近隣の山々へも出掛けるようになるが、年齢を重ねるたびに仕事が忙しくなり、しだいに足が遠のいていく。
40代も後半になると、このまま定年を迎えたときに自分に一体何が残るのか。そこから何を軸にして生きていくのか。という思いが強くなり、であるなら今のうちに新しいことにチャレンジし、新しい生き方を模索したほうが良いのではと思い始める。
2021(令和3)年春、単純な思考回路のせいでついに26年のサラリーマン生活に終止符を打ち、残りの人生を「ココロとからだに野遊びを~自然に還ることは自分に還ること~」をテーマとしたひとりビジネスを始める。
広島市佐伯区で妻と2人の子ども、母の5人で暮らす。

ネイチャーゲームリーダー(日本シェアリングネイチャー協会)
森林セラピーガイド(森林セラピーソサエティ)

freelanceLogo

会員NO.008868
賠償責任保険に加入してます

運営者の写真
松岡寿美代

プロフィール

1976(昭和51)年12月に広島市で生まれ、すべてを広島市で育つ。
結婚してから旦那に連れられ、アウトドアを始める。
雄大な景色を見ながら暮らすことに憧れを抱くも、現実はなかなかと思ってしまう。
ある日、旦那がサラリーマンを辞めひとりビジネスを始めたいとの相談を受ける。

「じゃあしょうがない、私も時々手伝うよ。」と旦那に言ってしまい、今に至る。
なので、時々顔を出しまーす😊

運営者写真
名称未設定-4

モノローグ

心の中に小さな光を届ける
活動をしていきたい
IMGP4521-1

私がこの活動を始めるにあたってモットーとした言葉です。

何かの拍子に心の中へ光が差し込んでくるような経験は、誰もが持っていると思います。
それは美しい風景にふれたときであったり、音楽を耳にしたときであったり、絵画を見たときであったり、人それぞれだと思います。
私はそんな経験があったときは、大切な人にそのことを伝えたくなります。
そして、大切な人にも経験してほしくなります。
それは、自分の心の中で起こったこの小さな「事件」は、ほかの人にも起きると思っているからです。

でも、その小さな「事件」は、ほかの人と分かち合うことはきっとできないんだと思います。
それは、その「事件」が私の心の奥底に宿っているものを照らし出した、私にしか起きえない「事件」だからです。
光はないものを照らし出すことはできません。それぞれの人の心の奥底に宿っているものは、人それぞれ違うのです。
でも、私はその小さな「事件」が、この活動を通じて誰かひとりでも起きてくれればいいと思っています。
人生は一度きりしかありません。光に変えることもその人しかできません。そして、その人の人生はその人しか選択していくことができません。
私はこの活動が、多くの人の心と体を健やかにし、心豊かな人生へと繋がってくれればと思っています。